「フカマル」記事掲載

タウン情報誌「フカマル」に記事が掲載されました。

サイクリストのまち、飯能。

法要殿が発行する周辺地域のタウン情報誌「フカマル2019年夏号の特集は「サイクリストのまち、飯能」。 「奥武蔵マウンテンバイクの会」「Attack!299」と共に、「Studio TECOLI」を取り上げて頂きました。

編集を担当するいしいデザインの石井さんと黒田さんが、6月に取材にいらっしゃって、西内さんも一緒に楽しく話をさせて頂きました。 当初の計画ではツール・ド・フランスが始まる7月6日には工事が終わっていて、そのタイミングで写真を撮ってもらう計画だったのですが、建物の完成が間に合わず小規模での開催となり、プレオープンにしては少し寂しい写真となりました。

テレビは70インチなので、まあまあ大画面ではあります。最終的には150インチのスクリーンを導入する計画です。

レースや表彰台の写真が欲しいというので何枚か渡して選んでもらったら、結果的にオミノウェイズのウェアばかりになりました。 表彰台は一度だけ真ん中に立った2016年のケンズカップ(オミノカップ)ですが、これはスプリントで終始心臓バクバクのレースなので、記事の内容とはちょっと違いますねえ。

リンク

工事の進行ですが、内装はほとんど終わって、8月初めには外構ができると思います。 ドアが付かないと、人を呼べません ^^;